関節痛で朝起きれないし夜も寝れない!寝起きを楽にする方法は?

関節

関節痛で布団から起き上がれない!寝起きがつらくなる理由は?

寝る前も寝起きも痛くて起き上がれない!そんな経験をした方も少なくはありません。この謎の関節痛、に悩まされる方は多く、特に50代を過ぎてから患う方が多く見受けられます。今の時代にはうつ伏せに寝ると腰に負担がかかってしまうから駄目だ、抱き枕が良い、仰向けに寝るのが良い等沢山の情報に溢れどれを試しても改善されないケースは少なくないです。情報に溢れているからこそ情報を取捨選択する事が必要であり、また本当の意味を見失いがちです。

どういう事かというとまず、情報を集めるに夢中で寝る姿勢や睡眠時間にとらわれ大切なことを忘れていないでしょうか。そもそも関節痛がするのはその部分の筋肉が緊張して疲労している状態が続いている事もあります。寝る時の姿勢に拘るあまり緊張したまま入眠してしまい、翌朝になると緊張状態のまま保たれて余計に痛みを感じてしまうケースが多いです。無意識に力が入ってしまっている筋肉の力を意識的に抜いてあげる事が本来は必要なのです。緊張感が続けばおのずとその部分を傷めてしまうのです。

現代人に多い症状ですが、まずはリラックスする事からはじめる必要があります。本当に今の寝る体勢はリラックスできているのだろうか、見直す事が一つです。本来睡眠は日中に疲労した筋肉を休め、脳を休める事が目的です。もちろん痛みで身体が余計に硬くなってしまう場合もありますが、これも意識的に変える事で変わってきます。

また食生活や長時間同じ体勢でいる事、運動不足、無理に激しい運動を続けているとこういった関節痛になる場合もあります。これは次に詳しく説明していきますが、要因としてはこういったものが挙げられます。今の段階で心当たりがある方は改善すべき点をしっかり把握するべきです。

 

関節痛が悪化しやすい人の行動習慣とは?

関節痛が悪化しやすい人の行動習慣、そんなもの、あるんです。上記で述べましたように、まず食生活、長時間同じ体勢で仕事や作業をしている人、運動不足、無理に激しい運動を続けている人という事が挙げられます。ではまず食生活から見ていきます。

食生活、栄養バランスが偏ってしまうと関節痛が悪化してしまう原因の一つになります。

特にカルシウム、コンドロイチン、グルコサミンといった成分は骨や軟骨に影響を及ぼす栄養素で、不足していると関節に痛みが起こるケースがあります。こういったものはサプリメントで補う事も出来るのでもし食生活に偏りを感じているのであれば一度見直しが必要です。

次に同じ姿勢でずっと仕事や作業をしている人ですが、これは仕事上避けられない人もいるかと思います。たまに身体を動かしたり捻ったり、これだけでも十分なのですが、家で軽いストレッチ等をする事でも避ける事が出来ます。身体が固まる原因の一つです。

そして運動不足の場合です。これは、かなりの方が当てはまるように思いますが、これも大きな原因の一つです。激しい運動をすればいいというものではなく、ストレッチ等で伸ばすという意味では上記と同様の内容になります。激しい運動をする場合にも導入剤としてストレッチは大事になります。

 

朝起きれない、夜寝れない人におすすめの関節痛の緩和方法

関節痛に悩まされ、寝起きが苦しいという方に必見です。

上記で述べたように睡眠を取る際に緊張してしまう事が関節痛をひどくしてしまいます。大事なのは一番楽な姿勢を探す事です。どういった寝方をしたらもっと痛めるから、ではなく自分が楽な姿勢で寝るのが一番の緩和方法なのです。痛みでそんな事出来ないという方も少し我慢してリラックスを心がけて、特に肩の力を抜いた状態で楽な姿勢を探します。

身体の力を抜く、というのはダンスでも同じ事が言えますが意外と難しいです。無意識に肩や腰等の関節部分に力を入れてしまっているのです。なるべくその張っている部分をほぐすイメージでまずは深い呼吸と共に力を抜いていきます。安心感をイメージする事で身体の力が抜けやすくなります。いくら枕やマットレスを交換したからといってこれが出来なければ全く意味がありません。寝る姿勢や力を抜かないことには始まらないのです。

あとは睡眠時に周囲が雑然としていては意味がありません。リラックス出来る環境を作るのも一つの手です。一見地味に見えますが、こういった事が意外と大事です。最初は力を抜くというのも分からないでしょうが、焦る必要はありません。最初は誰もが出来ないものです。痛みと戦う方法としてこういった努力が必要にはなりますが、慣れてくると痛みも緩和してくるはずです。痛みイコール筋肉の緊張。それは心の緊張にも繋がっています。一度ご自身の身体を見つめなおしていけば改善への糸口は見つかります。