アンケート結果:関節に良いとされる軟骨成分を意識的に食べていますか?

アンケート

大多数意見:関節や軟骨で食事に制限していない人が4割でした。制限しない理由は「サプリを飲んでいる」でした

独身で栄養が大事だと分かっているのですが、なかなか日常の食生活に取り入れることができず行動に移せていません。(50代)

軟骨のから揚げなどは苦手ですし、納豆などのねばねば食品も苦手で食べられません。なので関節痛に効くサプリメントを飲んでいます。(50代)

日頃の食事に取り入れやすい食材で、関節痛だけでなくそれ以外の健康面にも良い影響を与えてくれそうだから。(50代)

山芋や納豆はお値段もリーズナブルなので、無理なく続けられます。更年期の年代なので大豆食品は積極的に食べています。(50代)

食べ物が関節に作用するとは思えないので、あまり気にせずに好きなものを食べています。それに軟骨だけでなく鶏肉が苦手なので好んで食べません。(50代)

知り合いに医療関係者がいて、その人から少しずつ食べることを勧められたため定期的に食べることにしている。(50代)

軟骨のから揚げは軟骨成分そのものだし、私の好物でもあるのでよく食べています。山芋や納豆も体に良く、ご飯にかけて食べると美味しいので、昔から好んで食べています。(50代)

もともと健康志向なので、普段から取り入れております。調理法も変えると楽しんで食べられるのでお友達にもすすめています。(50代)

山芋や、納豆は好物なのでできるだけ毎日食べる様にしています。好物ならば飽きる事無く、継続する事ができます。(50代)

もともと肉が大好きです。軟骨のから揚げならおつまみ感覚で食べられて、味付けも変えられるので長続きします。(50代)

美味しくて手軽に毎日食べやすいので意識して食べています。軟骨のから揚げだといやいや食べるのではなく所持を楽しめるので。(50代)

変形性膝関節症で、軟骨成分などを摂った方が良いと聞きますが、具体的に何を食べて良いのかわからないので意識していません。(50代)

青魚やアマニ油を摂るようにしています。これらに多く含まれるn3系脂肪酸(オメガ3脂肪酸)には、炎症を抑える作用があるからです。認知症の予防にもなるし、脂質異常症の予防やその他多くのメリットがあるので。(50代)

山芋や納豆は自然食品で体にいいといわれているので積極的に食べるようにしています。効果はあるように感じます。(50代)

コラーゲンをとるためゼリーをよく作って食べています。ゼラチンを増やしてグミにすることもあります。ご飯にいれて炊くこともあります。(50代)

特に右膝の関節に痛みがありますが、現在では症状がでる時と出ない時があるため、食べ物を意識してはいません。(50代)

何か食べただけでは治ると思っていないので特に意識した食生活は送っていないです。でもサプリメントは毎日欠かさず飲んでいます。(50代)

サプリメントも含み、できるだけ食事で効果が期待できる成分を摂りたいと思っています。関節にはコラーゲンが良いというので唐揚げなどで摂るようにしています。(50代)

軟骨強化には軟骨とよく耳にするし、ネバネバ食品も効果的と聞いたから。あと、ネバネバ食品はその他の効能も期待できるから。(50代)

軟骨のから揚げはそれほど好きではないのであまり食べたくないが、その分納豆や山芋を食べるように心がけています。(50代)

納豆や山芋は美味しいし、身体にも良いと昔から言われてきたので積極的に食べるようにして健康に気をつけている。(50代)

納豆や山芋などのネバネバ食品は元々好きで関節にも良いのならと思い、朝食にはほとんど毎日納豆を食べています。(50代)

もともと好きな食材のために食べることに抵抗はありませんが、頻繁に食べると飽きがくるので、食べ方をいろいろと工夫しています。(50代)

テレビなどでこれがいいとやっていた時はちょっと食べたりするけれど、結局は長続きしないで元の食生活に戻ってしまうから。(50代)

軟骨の唐揚げはすきなので積極的に取るようにしていますが、さすがに毎日という訳にはいきません。納豆は毎日食べるようにしています。(50代)

家族の食事に合わせているので、食事での治療は出来ていません。山芋や納豆などは食卓に並ぶこともありますが、意識して食べてはいません。(50代)

効果があると聞いたので、しっかりと摂取することを心がけています。今後の継続して取っていきたいと思います。(50代)

軟骨は一度すり減ると手術でしか治せないと思っていました。食べ物で軟骨が増えるということを知らなかったので、意識して食べていませんでした。(50代)

何を食べたらよいかわからない。サプリメントなどは値段が月々高いのでためせない。また、三日坊主なので毎日続かない。(60代)

関節痛に効果的とは知らなかったですが、もともと好きで納豆は毎日食べています。他にも山芋とおくらを混ぜても食べます。(60代)

関節に良いものとして意識をして食べている以外に体の調子が良くなる、発酵食品は風邪をひきにくくしてくれるので食べている。(60代)

軟骨成分が関節に良いとは知りませんでした。関節にはいいかもしれませんが、食事はバランスよく食べるほうがいいですね。(60代)

軟骨成分を食べて痛いところに効いたりはしないと思っているので。サプリなども同じ理由で飲んでいません。(60代)

山芋や納豆で鉄分などを意識的に取ることで関節に良いと言われていたので積極的に摂るように心掛けています。(60代)

もともと納豆が好きなので、意識して摂取しています。これらの成分の効果を、早く発揮して欲しいと願っています。(60代)

食事から摂取される軟骨成分は微々たるものだと思うし、本当に軟骨が成分が不足で傷むのなら外科的処置をしたほうが良いと考えるから。(60代)

サプリメントでグルコサミンを補っているため、食事は体重が増えないようにだけ気をつけています。太ると膝に負担がかかるからです。(60代)

コラーゲンを多く含むものが、軟骨の主成分との話を聞いたことがあるので脂肪分過多にならないように気を付けながら食事にとりいれている(70代)

軟骨成分を意識的に食べている人では「納豆」「山芋」「おくら」などのネバネバ食品を意識的に食べていました

子供の頃から納豆が大好物なので今でも好んで食べています。認知症予防にもなるようでこれからも食べます。(50代)

元々鳥肉が大好物でしたが軟骨を食べると関節に良いと知ってからますます意識して食べるようになりました。(50代)

毎日の食事には気を使っているがなかなか意識するまでには至っていないです。その関節に良いとされる成分に対する必要な知識が不足している点があります。(50代)

間接に軟骨がよいというのを存知上げませんでした。これから積極的に摂取を心掛けたいと思いますが、いまのところは知りませんでした。(50代)

知人から勧められたサプリメントを接種しています。何か決まった食べ物を食べるよりもサプリの方が楽で長続きします。(50代)

食事の献立は家族任せで、人に作ってもらうのにあれを出せこれを出せと頼むのは気が引けるのでそうした工夫はしてません。(50代)

どのような食品に軟骨成分が含まれているのかを理解しておらず、意識して食事に取り入れることができていないから。(50代)

もともとから揚げは好きなので積極的に摂取するようにしています。軟骨は非常に食べやすいので食事には欠かせません。(50代)

もともと粘り気のある食品が好みでしたので、普段から意識的に多く食べるようにしています。基本的に朝か夜か、どちらかの食事で食べるように決めています。(50代)

好きな物を好きなように食べるのが好きなので、とくに食事には気を付けていません。食事より、サプリメントを積極的に飲むようにしています。(50代)

食事だけで著名に改善できるとは思えないから。また、妻にそのような要望を伝えるのは悪く、遠慮してしまうから。(50代)

関節に良いと言われているので、家族にも協力してもらいながら食べています。いろいろと工夫して調理しているので楽しいです。(50代)

整形外科で貰った資料にねばねば食品がいいと書いてあったため積極的に摂取するようにしています。普段から健康にもいいかなと感じています。(50代)

テレビや雑誌などで関節に効果的なものは、軟骨の唐揚げが美味しく、なおかつ効果が一番高いというのを聞いたから(50代)

内側から効いてくれるという事にイマイチ信憑性を感じていません。本当に効いてくれるのかなという思いです。(50代)

軟骨成分を食べたからといって関節の痛みが和らぐわけではないと思うから。加齢によるものは食事だけでは改善が難しいのでは。(50代)

納豆は間接にとても良いと聞いているので、朝か晩どちらか欠かさずに毎日納豆を食べるように心掛けています。(50代)

お医者さんから軟骨やネバネバとした食品を積極的に取るよう口酸っぱく言われたからです。少なくとも毎日一回は食べるようにしています。(50代)

カルシウムを摂取するのが一番いいのかと思い、軟骨から揚げなどの骨があるものを積極的に食べるようにしています。(50代)

体が元気でないと毎日が楽しくないため、自然のものから摂取できる部分は積極的に摂取することにしています。(50代)

食べるもので膝の痛みが軽減できるとは思わない。医学的にも検証されていないことで、軟骨成分がそのまま軟骨によいとは限らない。(50代)

以前はコラーゲンを豊富に含むとされている食品を積極的に摂取していましたが、あまり効果が感じられなかったので止めてしまいました。(50代)

関節を痛めてから出来るだけ意識して取るようになりました。これ以上痛めてしまうと日常生活に不備が出てしまうのは嫌だなと思ったからです。(50代)

普段の食事に取り入れやすいからです。家族でも食べる事が出来るので、皆で食べています。軟骨の唐揚げはあまり好きではないので食べていません。(50代)

軟骨成分が間接によいと言っても食事で摂取できる量くらいでは、あまり効果が期待できないような感じがするから。(60代)

最近テレビで納豆が骨に良い成分が含まれていると言っていましたので、それ以来スーバーで納豆パックを買って食べるようにしています。(60代)

昔から軟骨のから揚げは好きなので、定期的に調理してたべるようにしています。自分の好物なので特に苦にはなりません。(60代)

芸能ニュースなどでも取り上げられているため。また、軟骨成分以外でも体にいいとされている成分を多く含んでいるため。(60代)

関節に良いとされるものは何でも食べています。軟骨成分入りのサプリメントなども積極的に摂取しています。(70代)

次に意識的に食べていたのは、軟骨という名前から「軟骨のから揚げ」

もともと軟骨成分が含まれている食品が好きでよく食べているので意識して食べるということは特にしていない。(50代)

コラーゲンやコンドロイチンなどの栄養が関節に良いと聞いたので、それが含まれていそうな食品は、取るようにしています。(50代)

食事内容を変更しても関節痛の緩和に結び付くほどの信憑性に乏しいからです。その代わりにサプリメントは服用しています。(50代)

様々な薬や食材が良いとは言われていますが実際に半信半疑であるため具体的には試していません。また選び方もよくわかりません。(50代)

ネバネバ食品は関節だけでなく、新陳代謝を促進する作用があるので山芋や納豆は積極的に摂るようにしています。体全体の健康を考えても欠かせない食品だと思います。(50代)

軟骨成分をとってもそれが膝にいくまでに99パーセント以上が失われるという話を聞いた事があります。それよりは関節を使う運動を控えるようにしています。(50代)

納豆が大好きです。ほぼ毎日食べています。ほかにもオクラなど、ネバネバ系を優先的に摂取するようにしています。(50代)

食事から効果を実感できるほどたくさんの成分がとれるとは思えないから、そこだけにこだわって食事をとりたくないので。(50代)

関節以外にも腸内環境の改善や血行促進など色々なメリットがあるということで、ネバネバ食品を良く食べています。(50代)

軟骨や鶏皮など、コラーゲンが含まれるものが骨に良いということで、意識して食べています。焼き鳥は軟骨と鶏皮が同時に摂れるので、よく食べます。(50代)

特に関節の痛みを意識して食べるのではなく、バランスの良さを心掛けていろいろなものを食べるようにしています。(50代)

食事はバランスを重視していて、特定のモノを食べるというよりは全体的にしっかりと栄養を摂取できているのかという事を考えています。(50代)

どちらかと言えば運動療法で、ストレッチをして筋を痛めないように伸ばしたり、ヨガに通って痛みを克服しています。(60代)

どちらかと言うと神経痛のほうがつらいので関節に良い成分を積極的に摂取するには至っていません。手首の関節のほうに常に痛みがあるため膝を守るためにも食事に気を付けたいです。(70代)

少数意見:軟骨に良いと聞けば、全て食べる人も

膝の関節に一番効果があるような気がして、鶏肉の柔らかい軟骨の唐揚げをお酒のつまみにしています。味も良いので私のお気に入りです。(50代)

年齢的なものかと思って、食事を気にしてもどうにもならないような気がするので、意識して調整していません。(50代)

もともとネバネバ食品が好きで良く食べていたのですが、歳を重ねていくうちに意識してより多く食べるようになったからです(50代)

ネットで検索すると、コンドロイチンやグルコサミンのサプリメントを摂取するといいとでていたので食事でとるには、ネバネバして食品で山芋や里芋や納豆とあったので意識して食べています。(50代)

何となく歳だから仕方がないと思っているので、湿布を貼るくらいしかしていなく、食事を意識したことはないからです。(50代)

通っている整形外科の医師や理学療法士に摂った方がいい食べ物について尋ねたことがあったが、特別なものは指示されずバランスよく食べるように言われた。(50代)

特に意識していませんが、そのような事は存じています。食べた時によい物なんだろうなという感じになっています。(50代)

年齢を経てきて不足してくる成分を意識して摂取するようにしています。特に納豆は、毎日欠かさず食べています。(60代)

特に寒い時は膝が痛むのですが、軟骨がすり減っていると思います。グルコサミンなども検討していますが、お金もかかるので納豆などをよく食べるようにしています。鳥の軟骨は好きなので食べやすくカルシウムが気軽に取れそうと思って食べます。(60代)

その他の回答もサプリメントが多いです。また軟骨成分でアボカドと言う意見も

嫌いなものは健康に良いものでも食べたいとは思っていないので、好きなものを好きなように食べるようにしています。(50代)

関節の痛みは、関節内部の軟骨が減ることが原因で、軟骨を生成する成分が含まれている軟骨の唐揚げなどが良いと知人からすすめられたので。(50代)

もともと山芋や納豆のようなネバネバ食品は好きなので食べていますが、特別関節のためという意識はありません。食事よりサプリメントを飲んだりします。(50代)

膝に痛みを感じてはいるものの、特に食事について意識していることはないから。これから対策を行っていこうと思う。(50代)

テレビの情報番組でアボカドが関節の軟骨に良い効果があると知り、以前よりも意識的に多く食べるようにしている。(50代)

上記のような商品は食べるように心がけていませんが、食事と一緒に関節に良いとされるサプリメントを毎日食べています。毎日上記のような食品をとるのは難しいので。(50代)

いくら軟骨成分を摂取しても食べるものの成分で効果が出るとは思えない。痛みが激しくなれば病院で治療しないと治らないと思います。(50代)

山芋や納豆は健康にも良く、好物のため好んで食べるようにしています。あと医師にも勧められたので積極的に摂取しています。(50代)

自分で成分を調べたら関節によい成分が配合されていることを知り、自宅や外食時も積極的に意識して食べるようにしています。(50代)

痛みを自覚するようになったために、食生活にも気を遣うようにしている。主としてはサプリメントですが、それ以外にも良い食品を意識的にとっている。(60代)