関節痛には医薬品がおすすめ!市販薬より便利な通販の薬って?

医薬品

関節痛のケアに医薬品がおすすめな理由

関節痛にはサプリメントよりも医薬品がおすすめです。コンビニや薬局で購入することができるサプリメントなどは確かに手軽です。比較的安価に購入できますしメリットもあります。しかし、サプリメントはあくまで栄養補助などの役割をする健康食品であり、また病気の治癒、改善に効果があるなどを謳う表現は薬事法により禁じられています。そのため効果を保証することができません。

関節痛の改善には毎日の食生活を工夫する必要もあるのですが、毎日の食生活ではカバーできない成分などを手助けするのがサプリメントの役割です。その点はサプリメントも医薬品もあまり変わらないのですが、大きく違うのは厚生労働省に認可されている点です。また、医薬品は病気の治癒、改善を目的としています。

医師の許可が必要なものは医薬用医薬品といい、医師の許可が必要のないものは一般医薬品といいます。

一般医薬品は医師の許可がなくても購入できる商品なのでおすすめです。効果に個人差はありますが、一般医薬品であれば気軽に効果が期待できる商品を購入することができるのです。

効果も大いに期待することができ、関節痛が生活に支障が出ると判断されれば保険が適用され病院などで安く購入することもできます。一方で医薬品には副作用の心配もあります。他の薬との飲み合わせやアレルギーなどによってまれに症状が出てしまうことがあるのです。正しい使い方をしていても副作用が起きてしまうことは残念ながらあります。医療費などが必要になった時のための救済制度なども存在しますが、安全に使うのが第一です。心配な方は病院の先生と相談して慎重に選んだほうが良いでしょう。

医薬品に配合されている成分

医薬品には様々な成分が含まれています。コンドロイチン、グルコサミン、ビタミンE、ビタミンB群などです。その中でも注目したいものが、コンドロイチン、グルコサミンです。軟骨の主成分になるのがグルコサミンです。軟骨に弾力を与えるのがコンドロイチンです。どちらも元々全身に存在していて、その中でも関節や軟骨に多くあります。しかし加齢とともにその量が減ってしまうのです。

出典:http://www.cyclochem.com/cyclochembio/watch/watch_020_03.html(株式会社シクロケムバイオ)

グルコサミンには関節の痛みを取り除く効果があります。

コンドロイチンにはすり減った軟骨に保水、弾力性を与えて修復する効果が期待できます。コンドロイチンとグルコサミンは相乗効果により関節痛により良い効果を示すのです。また先に述べたビタミン類についても勿論関節痛へのメリットがあります。ビタミンEには抗酸化作用、血流促進などの効能があります。関節痛の痛みを緩和する作用があるのです。またビタミンB群の中でもB1B6B12が有効です。ビタミンB1は筋肉の疲労を回復させる効果があります。ビタミンB6は神経と臓器間への情報を伝える神経伝達物質の生成に関わるもので、不足すると神経の働きに支障をきたします。ビタミンB12は傷ついた末梢神経を補修する働きがあります。これらが作用することで関節痛へと効果を表します。

関節痛の医薬品は市販薬だけではなく通販でも買える?

便利な時代になり、関節痛の医薬品は通販で買うことができるようになりました。お店に足を運ばなくても、また通販ならば市販薬よりも多種多様な医薬品を手に入れることができます。関節痛の薬の中でも特におすすめの商品を2つ紹介します。1つ目はアユミンSです。膝、肩、腰などの関節痛に飲んで効く第3類医薬品です。まず、シアノコバラミン、ピリドキシン塩酸塩、リザノールという成分が痛みの緩和をします。そしてルスルチアミン塩酸塩、パントテン酸カルシウムが栄養の補給をし、トコフェロールコハク酸エステルカルシウムが血流を促進します。この6つの有効成分が辛い関節痛の緩和に効果を表します。アユミンSはそれぞれの成分が医薬品の承認基準値まで配合されているので1回1錠でも効果を期待できます。また、飲みやすくて続けやすいのがポイントです。

※第3類医薬品の例→ http://ryoyoin.com/item/ayumins/

2つ目におすすめなのがグルコンEX錠+です。関節痛、神経痛などの症状の緩和が期待できる薬です、アユミンSと同じく第3類医薬品です。コンドロイチン硫酸エステルナトリウムが関節や軟骨に弾力性や保水性を与えます。そしてチアミン硝化物、ピリドキシン塩酸塩が新陳代謝を促進させ、ビタミンEコハク酸エステルカルシウムが血液循環にアプローチすることで痛みを緩和させます。この4つの成分が痛みに直接作用します。シリーズ累計500万個突破の商品なので効果が期待できそうです。こういった医薬品を上手く活用し、関節痛対策を始めましょう。