膝の関節痛は大きなケガの元。原因と対策は?変形性膝関節症についても

関節

ひざの関節が痛くなるのはどういったことが原因なのでしょうか?ひざの関節が痛くなるメカニズムと対策方法について紹介します。

ひざ関節の痛みは、骨同士がこすれ合うことで起こる

太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)および膝のお皿(膝蓋骨)の表面には弾力がある軟骨でおおわれています。膝はこの三つの部分からできており、その周りに腱や筋肉がついています。軟骨は、関節を動かす場合や体重がかかった時に衝撃を軽くするクッションの役割を担っています。

体の関節を滑らかに動かしている軟骨は年齢を重ねるにしたがってだんだんとすり減っていきます。関節を保護する軟骨がすり減ることにより、「変形性膝関節症」を発症します。また、膝の痛みは「関節リウマチ」である可能性もあり、スポーツ中の怪我で膝の靭帯を傷めたことや骨折したことが原因で関節が変形する可能性もあります。

こういった理由から、体重がかかると、軟骨が薄くなった状態で、骨同士がこすれ合って痛みや腫れなどが起こることになります。こわばりをかんじることもあるでしょう。軟骨を保護するために、市販薬を飲むという方法もありますし、体重管理なども必要な処置方法になってきます。できるだけ膝に負担を与えないような生活スタイルにする必要が出てきます。無理をするのはいけませんが、適度な運動なども必要になるでしょう。

ひざ関節痛が重度でない場合には運動療法が効果的

膝の痛みを訴える人や年を取るにしたがって増えていきます。若い人では40代でも膝の痛みを訴える場合もあります。膝が痛くて病院を受診する場合には、変形性膝関節症という膝の軟骨がすり減る症状が出ている人が多く、残りは歩きすぎや一時的な力仕事で、膝の周りの筋肉や腱に一時期的に炎症が起こってひざ痛を引き起こしている場合があります。

また閉経後の女性の場合も軟骨が少なくなることで膝の痛みを訴える場合もあります。そのほかにも、関節リウマチや偽痛風、半月板損傷などの症状が出ている場合もあります。ひざ痛を感じるのであれば、まずは自分がどの場合に該当するのかを知り、治療法や対処法を決める必要があります。痛みが続く場合には、痛み止めなどで我慢するのではなく、病院を受診して、原因を突き止めるようにしましょう。

ひざ伸ばしのやり方

太ももの前側の筋肉に繰り返し力を入れる運動を行います。膝蓋骨(お皿)と周囲の関節包が太もも側に引き寄せられて、かたくなっている部分をほぐす効果が期待できます。

① 足をしっかり伸ばして座る。
② 太ももの前側の筋肉に力を入れて、5~10秒後に緩める。
③ これを10セット繰り返す。

以上を1セットとして、1日2~3セットの目安で行いましょう。まずは、3~4週間を目標に続けましょう。
ただ、この運動は、打撲や骨折などの外傷がある場合や痛風やリウマチを患っている場合、関節が腫れていたり熱を持っていたりする場合、安静にしていても痛いといった場合には、悪化する可能性がありますので、病院で主治医に確認してから行うようにしましょう。

変形性膝関節症の場合

膝関節では、太ももの骨、すねの骨、半月板の部分に、厚さ6mm程度の軟骨が存在しており、曲げ伸ばしを行う際のクッションの役目を担っています。変形性膝関節症の症状では、弾力のあった軟骨がすり減ることで、骨がこすれ合って痛みを起こします。軟骨がすり減っていくのは、加齢のよるものも大きいですし、肥満だったり、O脚だったりすると軟骨にかかる力も大きくなります。軟骨がすり減ると、そのすり減ったカスによって、炎症が広まり、ひざに痛みが出たり、膝に水が溜まったりします。

膝に水が溜まる状態というのは、膝に関節液が溜まっている状態です。炎症と言っても、それほど大きくはないのですが、炎症が継続すると、軟骨の破壊も進んでいきます。骨棘と呼ばれている骨の出っ張りがひざの関節の内にできることで、膝を圧迫して膝の痛みを併発します。軟骨がすり減ってきたときには、膝にこわばりを感じたりする程度で痛みも少ない場合が多いですが、段々と、階段の上り下りができなくなったり、立ち上がることが難しくなったり、膝の曲げ伸ばしがつらくなってきて、膝が腫れてきたり、熱を持つということになります。

そして、さらに症状が進むと、関節が曲がっていることが目で見ても明らかになってきます。進行が進むと、歩けなくなったり、階段を登れなくなったりして、膝にも水が溜まる一方になりますので、進行を以下に抑えるかが大切になってきます。診察を行うときには、問診や触診の他にも、X線撮影で軟骨のすり減りによってどの程度骨が変形しているのかを見極めて、進行度を調べます。触診では、ひざの内側のくぼみを押します。

くぼみをおしたときに痛みが強い場合には、発症している可能性が高いです。治療は、ステロイド剤の注射や消炎鎮痛剤を用いて炎症を抑えて痛みを軽くする方法や、ヒアルロン酸などの潤滑成分を膝に直接注射します。最近は湿布薬にも皮膚から吸収される消炎成分がはいっていることで、湿布や塗り薬で痛みが和らぐ場合も多くなっています。重症化して、歩けなくなっているなどの生活に大きな支障が出ている場合には、人工関節置換術などの手術を行われる場合もあります。

初期から中期の場合には、片足立ちやスクワットなどの運動療法も効果的です。関節周辺の筋肉を鍛えて、関節の動きを安定的にすることで、関節への衝撃を和らげて痛みを緩和させます。歩かなければ、筋力が低下しますので、膝にはよくありません。歩いている最中には膝が痛い場合でも、家に帰ると痛みが治まるといった場合には、無理のない範囲で15分~30分程度歩くことを推奨されています。

ひざのサポーターなども、弱った筋力を助け、O脚に進んだ場合に、膝をサポートしてくれますので、歩くときなどにお使いください。あまり長時間歩く必要はありませんが、体重が増えない程度に、膝を守るようにして少し歩くことで、筋力が維持されて、変形性膝関節症の進行を遅らせることができます。

ひざの痛みは軟骨のすり減りによるもの

膝が痛いとなる原因は、加齢や肥満などにより軟骨がすり減ってくることが大きな原因です。その痛みを緩和させるためには、病院に行ってどの病気になるのか診察を受けることも必要になってきますし、病院で注射を打ってもらうことや、湿布や塗り薬などをもらうことも効果的です。

歩いているときには少し膝が痛いという場合でも家では痛みがない程度であれば、15~30分程度歩く時間を設けて、足の筋力を維持することも、変形性膝関節症を悪化させない方法の一つになります。ただ、痛みが強い場合や歩けないほどの痛みの場合には、無理は禁物ですので、お医者さんに行って、きちんと診察を受けるといいでしょう。

昔骨折などでけがをしたといった場合や転んで骨を折ったという場合などにも膝の痛みにつながることがありますので、骨折などの怪我はきちんとお医者さんがいいというまで通って治す必要があります。歩くときには膝サポーターを活用するなどして膝への負担を軽くしましょう。体重が重い場合には、少し食べる量を減らしたりして、膝に負担がかからないように対応していくことも必要になってきます。膝の痛みは軽いうちに、対処して症状の進行を遅らせるようにしていきましょう。