関節がズキズキするときの関節リウマチの疑いがあるのか?

関節

この関節がズキズキする感じが痛みのサイン

関節の鈍い痛みや疲労感が気になるという場合、関節リウマチかもしれません。関節リウマチの患者数は100万人以上と言われており、発症年齢のピークは30~50歳代となっています。また、女性の方が発症率が高いため、特に中高年の女性は普段から気を付けて生活しましょう。死に直結する病気ではないのですが、悪化すると日常生活に支障をきたすこともありますし、早期に発見して適切な治療を行うことが大切です。関節リウマチは関節の滑膜組織から軟骨、骨へと症状が拡がっていきます。

骨と骨を繋ぐ軟骨はクッション、関節液は潤滑油として関節を滑らかに動かす役割を持っています。また、関節液というのは滑膜で作られているということです。関節の滑膜は薄い膜と軟らかな組織によって作られており、関節を内側から包んでいます。関節リウマチによる炎症は関節の滑膜組織から始まり、しだいに軟骨を攻撃するようになります。そのため症状が滑膜組織に留まっているうちに治療を始めることにより、軟骨や骨が壊れてしまうのを防ぐことができるのです。

リウマチの炎症が進行すると滑膜組織から炎症を起こす物質や炎症を悪化させる物質が作られるようになってしまいます。関節リウマチを早期に治療したいという場合、症状の特徴について知っておくと良いでしょう。初期の頃にはなんとなく気分が良くない、疲労感がある、微熱が続く、食欲がないといった症状が出ることがあります。このような症状は仕事などで忙しい時や風邪など他の病気にかかっている時などはあまり気にならないかもしれません。他の病気でもこのような症状が出ることは多いですし、初期症状の段階で関節リウマチと気づくことは難しいでしょう。関節リウマチの初期症状として、朝起きてから一時間くらい体が強張るというものがあります。

体を動かしにくいと感じた時や鈍い痛みがある時などは注意が必要です。関節リウマチはできるだけ早く治療をすることが大切であり、それによって関節の変形を防ぐことに繋がります。関節リウマチかもしれないと感じたら早めに病院を受診しましょう。手の感覚が鈍くなったという場合や手の指がむくんでいる場合、手の指の真ん中の関節が腫れて痛い場合、箸が使いにくい場合、歯ブラシが持ちにくい場合、茶碗を落としやすい場合、重い物が持てない場合、膝が痛い場合、足の親指が痛い場合などは注意が必要です。関節リウマチの初期段階は痛みよりも強張りや腫れなどが目立つことが特徴です。また、症状が1週間以上続くこともポイントであり、手や足の不快な症状がなかなか治らないと感じたら早めに病院を受診しましょう。

関節炎は左右対称に起こりますが、症状は片側にしか出ないこともあります。片方だけでも異変に気づいたら相談してみることが大切です。関節リウマチを診断するには詳しい検査が必要であり、問診や触診をしてから血液検査で炎症や免疫異常があるかどうかを調べることになります。X線検査を受けることで骨の破壊や関節の変形などを調べることができますが、関節超音波検査なら関節の滑膜の炎症の状態まで確認できるということです。この検査は診断の難しい早期の関節リウマチでも発見しやすいということで注目を集めています。

受けられる医療機関は限られているため、ホームページなどで確認してみると良いでしょう。関節リウマチは過労やストレスなどによって発症してしまうこともあります。このようなことが原因で免疫が異常を起こてしまった場合、関節を守る組織や骨、軟骨を攻撃してしまうということです。このような病気は自己免疫疾患と呼ばれており、体質的にかかりやすい人が何らかの原因によって発症すると言われています。

関節リウマチは体の色々なところに障害がでる全身疾患です

関節リウマチとは関節が炎症を起こし、軟骨や200本の骨が破壊されて関節の機能が損なわれてしまうという病気です。腫れや激しい痛みを伴いますし、関節を動かさなくても痛みが出てしまうというところが他の病気とは異なっています。放置しておくと関節が変形してしまうこともありますし、関節の炎症が肺の炎症や血管炎に繋がることもあるので注意しましょう。全身の関節にリウマチの症状は出てしまいますが、特に手の指の第2関節が症状に気付きやすい場所とされています。また、右の指が腫れると左の指も腫れることが多く、左右対称性の症状であることも特徴です。また、足の指の付け根の関節が腫れることもあります。足の指の付け根の関節が腫れてしまった場合、朝起きて立ち上がった時に不快な痛みを感じてしまうことがあるでしょう。

上手く歩けなくなってしまうこともありますし、指の付け根の関節が変形してしまうこともあるので注意が必要です。放置しておくと腫れて痛む関節が少しずつ増えてきますし、大きな関節に症状が出てしまうこともあるのです。関節リウマチで生じる関節の腫れや痛みは、免疫の働きに異常が発生してしまったことが原因と言われています。免疫とは体内に侵入してきた細菌やウイルスなどを攻撃して破壊し、それらを排除するための働きです。

しかし、免疫に異常が生じてしまった場合、誤って自身の細胞や組織を破壊してしまうということです。結果として炎症が起こってしまいますし、関節の腫れや痛みといった症状が出てきてしまうのです。炎症が続くと関節の滑膜が腫れ上がり、さらに炎症が悪化して骨や軟骨を破壊していきます。慢性関節リウマチは非常にゆっくりと進行することが特徴であり、初期の頃には全身性のはっきりしない症状が続きます。しかし、朝になると手の指や全身の関節がこわばる場合や体を動かすうちに痛みが消えていくという場合、関節リウマチの可能性が高くなります。最初は小さな関節から腫れやこわばり、痛みなどの症状が出てきますが、そのままにしておくと少しずつ他の関節にも広がっていきます。

リウマチになりやすい関節としては、膝関節や頸椎、肘関節、股関節などが挙げられます。また、顎関節の炎症が進むと口が開きにくくなってしまうこともあります。初期には関節の滑膜の炎症だけなのでそこまで痛みは強くありません。しかし、関節の破壊が進むことにより、血流が悪くなりますし、筋肉が不自然に引っ張られることで筋肉痛を引き起こすこともあるのです。特に低温や高湿度、低気圧の環境では症状が悪化しやすくなると言われています。

関節以外にも体のいろいろなところに障害が出てしまうことがあるため、定期的な観察やきちんとした治療が必要になります。全身のだるさや疲労感、微熱、体重減少などはよく起こる症状です。また、血管炎が起こると全身に必要な栄養素や酸素をきちんと届けることができなくなります。結果として潰瘍ができてしまうこともありますし、神経のしびれや痛みなどといった症状が発生してしまうこともあるのです。臓器にも影響が出てしまうので治療が難しくなってしまうでしょう。血管炎が重いタイプは国が難病指定をしていますが、出現率はかなり低くなっています。心臓にいく血管に炎症がおきると心筋炎や心膜炎を引き起こすことがあります。

動悸や息切れ、胸の痛みといった症状がある場合は注意しましょう。さらに血管の炎症から胸膜炎や間質性肺炎を起こすこともあります。胸膜炎になると肺に水が溜まってしまい、発熱や咳、胸の痛みといった症状が出てきます。間質性肺炎になると少し動くだけで息切れしやすくなりますし、呼吸が苦しいなどの症状が起こることも特徴です。放置して進行すると肺繊維症になってしまいますし、肺の機能が著しく低下してしまうので注意が必要です。また、眼球を包む強膜が炎症を起してしまうこともあります。目の炎症が進むと結膜が充血してしまいますし、症状が進むと痛みや視力障害などが起こってしまうこともあるので注意しましょう。

関節リウマチは貧血を引き起こすこともあります。貧血になってしまう理由についてはよく分かっていませんが、鉄分を上手く利用することができなくなって貧血になってしまうのではないかと考えられています。血液中の鉄分の低下によって鉄分の吸収能力も低下してしまうため、薬を使っても改善することは難しいとされています。関節リウマチの症状が軽くなれば貧血も改善するということです。骨粗鬆症は骨が脆くなる病気として知られていますが、骨の新陳代謝のアンバランスによって引き起こされることが特徴です。関節リウマチになると新しい骨を作るスピードより、骨を壊すスピードの方が速くなってしまうのです。そのため痛みや腫れのある関節の近くには骨粗鬆症が起こりやすいと言われています。女性の場合は閉経によって女性ホルモンが急激に減少してしまいますし、骨粗鬆症のリスクが高まるので注意しましょう。

骨の破壊が進むと手の指や足の指に関節変形が起こってしまいます。症状が進むと筋肉が衰えてしまいますし、日常生活に支障をきたします。手の指の変形としては、親指以外の指の付け根の関節がずれることや脱臼が起こること、親指が外側に変形すること、第2関節が内側に反ること、第1関節が外側に反ることなどが一般的です。逆に第2関節が外側になり、第1関節が内側に反ってしまうこともありますが、この場合は掴む動作や握る動作が不自由になってしまいます。足の指の関節は滑膜が少ないため、手の指よりも変改が軽くなることが一般的です。足の親指の先が隣の指の下に入ってしまったり、足の指全体が曲がってしまうなどの症状があります。

関節リウマチは関節が破壊され、変形して動かなくなってしまうという病気です。関節の破壊は発症後の早い段階でも進行することが分かっていますが、早期に発見して適切な治療を行うことにより、症状をコントロールすることができるでしょう。関節リウマチは風邪のように完全に症状を治すことは難しいとされています。しかし、早めに治療を受けることにより、病気の進行を止めることはできるのです。

関節痛でストレスが増えたら危険信号!そのストレス軽減法は

自律神経からくる関節痛は一般的な関節痛とは異なっていると言われています。運動をしていないのに激しい運動した時のような痛みがある場合は注意しましょう。また、関節痛で悩んでいる人の多くは筋肉痛を感じていることも多いです。他にも不眠や体が重い、動悸、頭痛、ほてりなどといった症状が出ていることがあります。自律神経の乱れからくる関節痛はストレスが原因になっていると言われています。ストレスを受けると筋肉が緊張状態になりますし、交感神経が優位になります。そして、血管も細くなるので血液が流れにくい状態となり、血液中の酸素がきちんと筋肉まで届かなくなってしまうのです。結果としてさらに筋肉が緊張状態になってしまいますし、血管が筋肉に押しつぶされることで関節痛が起こってしまうという仕組みです。

血管は太さによって流れる血液の量が変わってしまうため、血管が細い状態だと十分な量の血液が流れなくなってしまうということです。血管の太さを調節しているのが自律神経なのですが、ストレスの多い生活を送っていると交感神経ばかりが働いてしまうため、筋肉が硬くなって血流も悪くなってしまいます。自律神経からくる関節痛の対策としては、できるだけストレスを感じないようにすることです。また、ストレスを感じてしまった場合でも効率よく解消する方法を知っておくと良いでしょう。

自律神経が乱れる一番の原因はストレスであり、そのストレスを軽減することが関節痛の対策として最も有効であると言われています。しかし、現代社会においてストレスを全く感じることなく生活することは難しいかもしれません。仕事の悩みや家庭内の問題などはすぐに取り除けるものではないでしょう。そのような人におすすめなのが生活の中で副交感神経を優位にするための工夫をするということです。こまめに深呼吸することや食物繊維の多い食べ物を食べること、十分な睡眠を取ること、湯船にゆったり浸かること、適度な運動をすること、マッサージで体を温めることなどが効果的な方法です。副交感神経を優位にするには筋肉を解すことがポイントであり、自宅でストレッチを行っても良いでしょう。硬くなった筋肉をしっかり解すことにより、体の回復を促すことができるのです。運動はストレス解消に高い効果が期待できます。

しかし、普段あまり体を動かさないという人や運動は苦手という人もいるかもしれません。そのような場合は手軽に行うことのできるウォーキングから始めてみるのがおすすめです。激しい運動でなくてもストレス解消には効果を期待できますし、前向きに生活できるようになるのです。逆に運動の苦手な人がいきなり激しい運動を行った場合、それがストレスになって関節痛が悪化してしまう可能性もあります。ストレスが溜まっていると歯が痛くなってしまうこともあります。虫歯を引き起こすこともあるため、毎日きちんと歯を磨くことが大切です。強いストレスを感じている状態が続くと自律神経が乱れてしまいますし、体のさまざまな部分で異変が起こってしまいます。

虫歯がないのに歯が痛んでいるという場合、ストレスが溜まっていないかどうかを確認してみましょう。ストレスを解消するためにはよく笑うことも重要です。笑うことで元気になったり、生きる活力が出てくることはもちろん、免疫学的な効果についても認められています。ストレスを感じたときに増加するホルモンの分泌を減らすことができますし、気分を安定させて前向きな気持ちにさせてくれるセロトニンの分泌を増やすことにも繋がります。しかし、どんな笑いでも良いというわけではなく、ストレス解消のためには心から笑うことがとても重要です。鎮静作用のある脳内物質のセロトニンを増やしたいという場合、規則正しい生活を送ることがポイントです。

セロトニンの原料となる必須アミノ酸は人間の体内では作ることができないため、食事から摂取する必要があります。ストレスを解消するためには必須アミノ酸の多く含まれた食品を積極的に摂取するようにしましょう。必須アミノ酸はバナナや大豆、牛乳、肉、魚などに多く含まれています。しかし、必須アミノ酸だけではセロトニンを増やすことはできないため、同時にビタミンB6も摂取することがポイントです。他にもストレス解消にはさまざまな栄養素が必要であると言われており、バランスの取れた食生活を心がけましょう。ストレス解消のために喫煙しているという人もいるかもしれません。喫煙には気分転換できるというメリットがあります。

しかし、健康に良くないので吸い過ぎには注意が必要です。健康のためには禁煙した方が良いのですが、急に吸わなくなるとストレスが溜まってしまうこともあります。そのため少しずつタバコの量を減らしていきましょう。加齢や肥満などによる基礎体力の低下によって関節痛が発生している場合、マッサージなどで体を温めるのも効果的です。