軟骨成分は年を取ると増えない!軟骨成分を増やすには?

成分

軟骨成分は増えない?加齢とともに減っていく理由とは

軟骨成分が年齢を重ねることで徐々に減少し、それ以上増えないことをご存知でしょうか。加齢とともに関節痛を発症する理由としては軟骨成分が減少することが大きな理由とされていますが、なぜ減少してしまうのかその理由を考えてみましょう。

まず考えられる理由としては、加齢による基礎代謝の低下です。年を取るとそれまで通常に生成していた軟骨部分を生成する働きも低下してしまうだけでなく、今まで歩くときに使っていた軟骨部分がすり減ってしまうことによりその部分が少なくなってしまうのです。また、加齢によって基礎代謝が低くなると摂取カロリーよりも消費カロリーの方が少なくなってしまうことから太り過ぎる人も多いですが、体重増加によって関節部分に2倍、3倍の比重がかかることによっても軟骨がすり減り減少してしまうことが考えられます。

それ以外のこととしては、日頃の生活習慣にも軟骨成分が減ってしまう理由があるとされています。インスタント食品や外食ばかりの生活を続けていることで十分な栄養素が摂取できず肥満体型となるだけでなく血行不良となって結果的に軟骨に負担をかけてしまうことにもつながります。加えて、肥満や運動不足を解消しようと準備運動などをせずいきなり激しい運動をすることで、急激に関節に衝撃が加わり、それが軟骨成分を減らしてしまうことにもなるとされています。

加齢に伴い軟骨成分が減ってしまうことは仕方ないことと言えますが、減ってしまうことが分かっているのであれば日頃から軟骨部分を減らさないようにする生活を心がけることが大切となってきます。特に、年齢を重ねてからもしっかりと自分の足で歩くことは重要であり、基礎代謝を上げるのに効果的とされています

関節や体の機能に関わる軟骨成分の重要な役割

では、実際に関節部分というのは体の中でどんな役割をしているのか考えてみたことがあるでしょうか。普段何気なく生活していると思われますが関節痛を感じることなく過ごせるのも実は軟骨部分が重要な役割を担っていることが考えられます。

では、実際に軟骨成分は体の中でどんな役割をしているのか気になるなるところです。人間は二本足で歩く生活をしていますが、その際に体の体重の2倍、3倍の比重が関節にかかっていることをご存知でしょうか。また、走ったりスポーツをする際にも関節に大きく衝撃が加わるとされています。もし、関節に軟骨成分がなかったら人間はまともに歩くことはもちろん、スポーツや走ることもできません。軟骨は、関節に受ける衝撃を吸収して和らげ、スムーズに動かすことが出来る役割をしているのです。

年齢を重ねると、徐々に関節痛を患う人が増えてきますが、若いうちは軟骨成分を生成する働きが通常に働いているために多少無理したり関節に強い衝撃を受けても問題ないですが、年を取ると軟骨成分の生成する働きが低下することにより軟骨が少しずつすり減って痛みを生じるようになるとされているのです。そのため、関節痛の改善のためには軟骨成分を増やす成分を摂取して関節痛を改善することが必要となってきます。

関節や体の機能に関わる軟骨成分の重要な役割

関節や体の機能において、軟骨成分は重要な役割を担っていますが、その他にはどんな役割が考えられるのでしょうか。軟骨成分は水分やコラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸などでできていますがそれぞれの成分に役割りがあるとされています。

まず、コンドロイチン硫酸やヒアルロン酸の役割としては水分保持の役割を担っており、コラーゲンは軟骨の構造を支える役割をしています。また、ヒアルロン酸は関節の動きをスムーズにする働きがあるほかに潤滑油としての働きもあるとされているのです。

このように、軟骨成分はそれぞれ重要な役割を持っているのですが、年を重ねることで徐々にすり減り、また基礎代謝も低下することによって体内でも生成される量が極端に少なくなることからクッションの役割を十分に果たせなくなることで関節痛を発症するようになるのです。

軟骨成分はⅡ型コラーゲンとプロテオグリカンというもので構成されているのですが、そのプロテオグリカンの原料となるものがグルコサミンやコンドロイチンです。聞いたことのある人も多いと思われますが、関節痛の改善に効果的として両方が配合されたものをサプリメントの形で販売しているお店も多いとされています。関節痛を改善するために、これらの成分が配合されたサプリメントを摂取していくのが良いとされていますが、効果があるかどうかは個人差があるため、摂取したからといって必ず関節痛が改善されるわけではないとされています。ただ、何かしらアクションを起こして積極的に改善しようと努めていくことが結果的に関節痛の改善になることもあると言えるでしょう。

通販の関節痛用コンドロイチンサプリメントの効果は一瞬だけ?

2018.03.14