軟骨成分は体で再生できる?食事で軟骨成分を摂取する方法とは

成分

体に必要な軟骨成分の種類とは?

年齢を重ねることで関節のクッションの役割をしている軟骨部分が減ってしまうと関節痛を患う人は多いと思われます。軟骨部分を増やし関節痛を改善するには、その成分を摂取するのが良いと言えますが、実際にどんな成分を摂取したら効果的にその成分を増やすことが出来るのか気になるところです。そこで、体に必要な軟骨成分としてどんなものがあるのか詳しく考えてみましょう。

いくら必要だからといって、ただやみくもにその成分を摂取していても意味がないとされているのをご存知でしょうか。体に必要な軟骨成分にはいくつかの種類があるとされているのです。まず、始めにどのような成分によって作られているのかというと、Ⅱ型コラーゲンとプロテオグリカンによって構成されているものであり、これらの材料となるのがいわゆるサプリメントなどの形で摂取することも可能なグルコサミンやコンドロイチンとされています。

通販の関節痛用コンドロイチンサプリメントの効果は一瞬だけ?

2018.03.14

そして、軟骨を構成する成分そのもののことをⅡ型コラーゲンやプロテオグリカンと呼んでいます。つまり、軟骨成分を増やすためにはこのⅡ型コラーゲンとプロテオグリカンを増やすことであり、これらの成分を増やすにはコンドロイチンやグルコサミンを摂取する必要があるということになります。どんな成分でも摂取すれば良いというわけではなく、その元となるもの、つまり原料を摂取しないことには成分を増やして関節痛を改善することにはつながらないというわけです。

つらい関節痛を改善するために、年齢によって減少してしまう軟骨成分を増やしたいのであればまず何を摂取すれば良いのかということと十分に踏まえた上で、どんな成分を摂取していけばよいのかを考える必要があると言えます。

軟骨成分は体の中で再生できる?

軟骨成分を増やすためにはどんなことをすれば効果があるのか、いったいどんなことをすればよいのかよくわからない人も少なくないと思われます。そもそも、軟骨成分の元となるものを摂取したからといって軟骨を増やすことが出来ないければ意味がないと言えるでしょう。

では、そもそも軟骨成分というのは体の中で再生できるものなのでしょうか。軟骨部分というのは激しい運動や加齢などによって徐々にする減ったり減少してしまうものですが、Ⅱ型コラーゲンとプロテオグリカンを摂取することで体内に存在するプロテオグリカン生成を促進して軟骨成分の新陳代謝を活発にしてくれる効果があるとされています。

このことから考えると、軟骨成分は身体の中でも再生させることは可能と言えますが、ただ何もしないで再生することが出来ないと言えます。しっかりと再生させて関節痛を改善するためには、軟骨成分を再生させ増やす効果があることをしなければならないと言えるのです。それが何かといえば、軟骨成分そのものと言えるプロテオグリカンの摂取とプロテオグリカンの原料ともなるグルコサミンやコンドロイチンの摂取です。積極的にこれらの成分を摂取することで軟骨成分は体の中で再生することが出来ると言えます。

 

軟骨成分を摂取する食事内容について

軟骨成分を体の中で再生することが出来るのかどうかは把握できたと思われますが、その軟骨成分を増やすためにはどんな方法で摂取するのが良いのか気になるところと言えます。体の中で軟骨成分の元となる原料を摂取してそれを軟骨成分となるようにしていくためには、摂取方法をどんなものにしたらよいのか考えていかなければなりません。では、どんな方法で摂取していくのが良いのでしょうか。

最近では軟骨成分の減量となる成分を配合したサプリメントなども販売していますが、出来ることなら自然の状態で摂取できるのが一番と考えている人も多いと思われます。そのためには、やはり食べ物から摂取していくのが良いと言えますがどんなものを食べれば軟骨成分を増やしていくことが出来るのでしょうか。まず軟骨成分そのものもと言えるプロテオグリカンを摂取していくのが良いと言えますが、残念ながらプロテオグリカンを食事で摂取していくのは難しいと言えます。プロテオグリカンは熱が加わることで効力そのものを失ってしまいますので、十分な量を摂取したい場合にはやはりサプリメントで摂取していくのが望ましいと言えるのです。

ただ、プロテオグリカンや非変性コラーゲンの材料となるグルコサミンやコンドロイチンはうなぎや干しエビ、牛や馬などの軟骨、ヒラメやカレイ、納豆や豚足などから摂取することが出来ますので、それらの食べ物を積極的に摂取していくのが良いと言えるでしょう。

ひざの関節痛の改善策は?痛みを緩和するためにできることとは

2018.03.14